« SE勉強会レポート (2008/5/11)Guten Abend! »

すみません

すみません

パーマリンク 2008/05/10 22:50:46 著者: おみう
カテゴリ: 日記

いつも気になっていることをブログのネタにします。

人がたくさんいて(10人以上)狭い(約6畳)サークル室の中で、
人をかき分けて移動したいときによく
「ソーリー」
と言って移動する人がいます。
この場合の「ソーリー(=sorry)」って、正しい使い方でしょうか?
気になったので調べてみました。
[参考]http://homepage2.nifty.com/nofrills/britenglish/sumimasen.html

本人は「すみません」→「(I'm) sorry.」のつもりだと思いますが、「I'm sorry.」はあくまで「謝罪」です。
たとえば、人にぶつかったときは「I'm sorry.」で全然問題ありません。

しかし、この場合の「すみません」は「謝罪」ではなく、「ちょっと失礼」の意味で使われているので、「Excuse me.」が正しい英語です。

日本語の「すみません」が前述の2パターンを含め、数種類の意味を持つので、いざ英訳しようとすると混乱するかもしれません。それならばいっそのこと、日本で英語を使うのをやめましょう(笑)。

僕自身も高校生のとき、同じような状況でAETの外国人の先生に「I'm sorry.」と言ってしまったことがあります。
そのときも「『I'm sorry.』ではなくて『Excuse me.』と言いなさい!」と言われた経験があります。
ネイティブ英米人に言わせてみれば、「なぜこんなことで謝るんだ?」ということになるのでしょうか。


話は(文系→理系へと)ガラッと変わりますが、最近小学校のクラス会のウェブサイトを作成しています。
実は僕が幹事だったりします。
今年度20歳になるので、一度集まろうかという計画が持ち上がりました。
どうでもいい話ですが、cakephpでウェブサイトを作りたくなるのは僕が凝り性だからでしょうか。
「無駄なことを」と誰もが思うでしょうが...

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

2 コメント

コメント from: あつ [訪問者] · http://as.blog16.jp/
無駄ではないでしょ♪
沢山作らなきゃ、Cake職人にはなれないからね。
2008/05/11 @ 00:35
コメント from: [訪問者]
先生、すみません!
たくさん練習します。
2008/05/11 @ 23:09

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年10月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Name:おみう

某国立大学文学部の学生。
英語学(生成文法など)を勉強している。

安藤裕子(歌手)と北乃きい(女優)のファンであり、安藤裕子のライブによく行っている。

子どもと遊ぶサークルに所属しているが、サークル内では「ヒゲ」(←子どもにつけられた)と呼ばれている。

サークル以上に、某予備校の模試監督員アルバイトに精を出しており、模試監督ネタがブログで連載になりつつある。

文系学生にしてはパソコンにかなり精通しており、高蔵寺SE勉強会で勉強をしている。


詳しいプロフィールを見る?

メールを送る?

検索

XMLフィード

16ブログ     blog soft